つなぎ融資や住宅ローンの説明で重要なこと

つなぎ融資とは、住宅購入時に公的融資などでローンを実行するまでに、必要な資金が足りない場合に一時的に借り入れを行うための民間のローンのことです。ただし、それを利用する際には注意点があります。その正しい利用のためには、以下のような点には気を付けましょう。


どうしてつなぎ融資と呼ばれるのか

つなぎ融資で一時的に借り入れを行うと、その間に施工業者への必要な支払いを無事に済ませることができます。つまりその一時的な借り入れは、本来の融資を実行するまでの「つなぎ」的な役割をはたしてくれるのです。それで、そう呼ばれているのです。これを利用することによって、資金繰りのタイミングがずれないように調整することが可能となるのです。
たとえば公的融資を受ける際には、物件の所有権が正式に自分に移転された時点で融資が実行されます。しかし現実には、融資が実際に実行されるまでには不動産会社や建築会社などへの支払いが必要となるものです。そんな時、十分な自己資金があれば問題はありません。しかし、そんな人は少数派です。ですから、つなぎ融資は必要になることが多いのです。

利息の負担などには要注意

ところで融資である以上は、それは借り入れを行なうローンなのです。確かに住宅ローンのような公的融資が実行されるまでの一時的な期間だけのローンであり、その目安は一年以内というのが一般的です。
しかし、つなぎ融資利用時における金利を甘く見てはいけません。一例を挙げると、年率2.07%で1000万円を半年間だけ借りても、利息は103500円です。しかも事務手数料なども加算されますので、利用者には結構な負担になるのです。ですから十分に余裕のある返済計画を立ててから利用しなければなりません。

全ての金融機関で取り扱っているとは限らない

つなぎ融資とは、つまり自己資金に余裕がないから利用するのです。ですから資金に余裕のない人ほど、住宅ローンを選ぶ時には注意が必要です。なぜなら金融機関によっては、つなぎ融資の利用ができないところもあるからです。逆に言うなら、自己資金に余裕がある人は選べる住宅ローンの選択肢も多くなるということです。

まとめ

住宅ローンの説明で特に重要な点の一つに、実際に住宅を完成させてからでないと住宅ローンの本審査を受けることができない点があります。ですから施工業者などへの支払いは、本審査の前に済ませなければなりません。その支払金が用意できないような場合は、最初からつなぎ融資が可能な金融機関で住宅ローンを組まなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA