不動産の経費について 経費はどうなるかを知ることが大切

不動産を運用する場合には、様々な経費が掛かるものです。その為、一般的にはこの経費を不動産購入費の中に含めて考えるということが良く行われています。しかし実際には確定申告をした場合にはその経費はどうなるかについて詳しく知っている人は少なく、多くの人が損をしてしまっているという実態が有ります。


不動産を運用する際の経費の内訳について


不動産を運用する場合には、不動産の購入代金のほか、様々な経費がかかります。その中で大きな物は不動産取得税、固定資産税などの税金のほか、損害保険料、不動産を転用する場合の管理費や修繕を行う為の営繕費などです。さらに、住宅ローンなどの借入れ金が有る場合にはこれらも必要経費として見なされます。又、管理を行う為の交通費に付いても物件が遠方の場合には決して無視できない金額になるものです。


必要経費は確定申告で控除対象になる


これらは確定申告により実際の不動産の収入に於ける所得税から必要経費として控除されることが多い物です。一般的に良く知られているのは固定資産税が更地に比べアパートやマンションなどを経営している場合には減額されるといった事ですが、その他にもそのアパートやマンションを維持するための管理運営費や、修理を行う為の営繕費なども控除対象になることはあまり知られていません。さらに管理に付帯する交通費や通信費なども、管理目的で有ることが証明できれば控除対象となるのです。そのため、このような費用はしっかりと管理し申告することが大切です。


損害保険料も控除対象です


住宅には通常火災保険や地震保険が掛けられているものです。不動産運用を行う場合には、これらも控除対象となります。その為、忘れずに申告しておくことが必要です。但し、これらの保険は長期一括払いのことが多いため、支払った年度しか対象にならない点に注意が必要です。


まとめ

不動産を購入し運用する際には、出来るだけ経費を節約して運用する事が利益を維持するためには非常に重要です。その為、必要な費用はしっかりとその詳細を把握し、適正に申告することが大切です。又、効率的に運用するためには、減価償却の方法にもしっかりと注意を払うことが重要になります。せっかく経費を削減しても、減価償却の方法によっては課税額が大きくなってしまうことも少なくありません。それぞれの経費はどうなるかについてしっかりと把握し、上手に利用することが効率的に経費を削減する上で大きなポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA