不動産の購入の流れや手続きの流れについて

不動産を購入するときの流れは購入申し込みをして契約をし、引き渡しをすることで購入が完了します。まず本格的に不動産の購入をする前には、家族の希望に合う物件なのかをもう一度チェックしておきます。販売する会社や担当者から他に購入希望者がいると知らされると焦ってしまうことがあるのですが、慌てて購入しないように注意することが大切です。購入することを申し込むときには具体的な条件や価格は決定していないので、うまく交渉しながら購入することがポイントです。


情報を集める

一番初めに行うのは、どのような物件が売り出されているのかを調べることです。自分自身や家族の希望を明確にしておいて、間取りや内装の希望、予算や家族の通勤通学のしやすさなどを考えて探します。探すエリアをある程度決めておいて、条件に合う物件があるのか調べるようにするとスムーズです。インターネットサイトでも物件を紹介していることがあるので、目を通しておきます。相場も調べて、予算を考えながら購入を決めるようにします。買いたい物件が決まったら一度冷静になって、じっくり考えてから申し込むようにします。


購入申し込みの流れ

契約をする前には購入申し込みをして、買いたいという意思表示をします。申し込みは契約することではなく意思を伝えるものなので、すぐに手続きを進めるということではないのです。意思が売り主に伝えられると細かな条件を話し合って、交渉に進みます。合意が得られるようになれば本格的に契約に進み、購入することになります。複数の希望者が居た場合は、先着順や抽選で買い主を決めます。先着順では申し込み者を募集して、一番早く申し込んだ人を選びます。抽選では一定期間の申し込み期間を設けて、締め切り後に抽選を行います。申し込みをするときには申し込み金を用意する必要もあるので、まとまった金額を準備することも大切です。


契約の手続きの流れについて

物件の重要事項説明と契約は同時に行われ、契約をする前に細かな条件などを記載している重要事項説明書を担当者が読み上げます。この書類には重要な情報が入っているので、分からないことやもっと詳しく説明してほしいときにはもう一度確認するようにします。納得出来る内容だったら契約書にサインして、契約を結びます。購入した金額の5パーセントから10パーセントの手付金を支払い、手付金は小切手で用意しておきます。契約をしたらローンの申し込みをして、融資を受けられるようにします。

まとめ

人気の物件や条件の良い物件は希望者が多いので、早めに申し込むようにします。また様々な物件の情報を集めて、選択肢の幅を広げておくことも大切です。同時に資金繰りやローンの申し込みを行って、スピーディーに手続きを出来るように準備することがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA