不動産購入の必要な書類と契約時の必要書類

不動産の購入では申し込みから契約まで、各段階によって書類が必要になります。購入するときに必要になるのは身分証明書や所得税関連、不動産関連があります。各段階には購入の申し込みや事前のローン審査、売買契約や決算取引などがあります。必要な書類は早めに用意して、スムーズに購入や契約が出来るように準備するようにします。


不動産の購入申込書

気になる物件や購入したいと思う物件があったときには、まず不動産購入申込書を用意します。この購入申込書は契約書とは違い、この物件を買いたいという意思を示すために提出します。購入希望者が多い場合は抽選や先着順で購入者を決めることがあり、特に先着順で受け付けを行っているときには早めに用意することが大切です。この段階では本人確認のための身分証の提示が求められることがあり、新規のマンションなどの申し込みでは証拠金を提出する場合もあります。購入申込書に記入したからといって正式な契約にはならないので、サインをしていない場合はキャンセルも可能です。


ローンの申し込みに必要な書類

不動産を購入するとき融資を受けるためには、ローンを申し込みます。申し込み時には身分証明書や所得関係、物件関係の書類を準備します。身分証明には運転免許書のコピーや健康保険証のコピー、パスポートのコピーなど顔写真があるものが有効です。収入を証明するためには源泉徴収書や住民税の決定通知書、給与明細が必要で、自分自身にどのくらいの収入があるのか知らせるために提出します。これらの書類を準備したら、金融機関の所定のローン審査申込書を用意します。


契約するときの必要書類

売り主と正式に契約を結ぶときには身分証明書や住民票、印鑑証明などが必要です。契約書は仲介業者が準備するので、用意されたものに目をしっかり通しておきます。契約書には購入金額に合わせて印紙税が必要になるので、収入印紙を用意しておきます。これは売り主が基本的に用意するものなので、購入者は仲介業者の指示に従って準備をするようにします。ローンを利用することが正式に決まったときには、契約書を金融機関に提出します。

まとめ

不動産の購入には必ず身分証明書や実印が必要になるので、契約を結ぶ前には必ず用意しておくようにします。場合によっては住民票や収入印紙などが必要になることもあるので、どんな書類が必要なのか確認するようにします。物件を選ぶときには重要事項説明書を売り主に用意してもらって、物件の情報を得られるようにすることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA