広島県のDATAと広島県の不動産の売却の将来について考える

不動産の価格相場に関連するDATA

不動産の売却に関連しては、その価格相場や需要と供給のバランス等を把握するためのいくつかのDATA項目があります。

  • 人口の推移

  • 離婚件数・離婚率

  • 非耕作率


  • 等が挙げられます。

    順番に見ていきましょう。

    広島県の人口DATA


    不動産の価格相場についての動向は、その需要と供給によって決まります。

    需要が高まる=価格が上がる

    と言っても良いでしょう。

    そこで不動産を売却する際には必ず人口の推移を把握し、今後の価格の動向を予測しておく必要があるのです。

    広島県の人口と需要についてみてみましょう。

    国勢調査による広島県の人口・世帯数
    2015年10月1日国勢調査(上段表示)
    前回は、2010年10月1日(下段表示)


    人口
    世帯数
    人口減少率
    広島市
    1,194,507
    531,438
    -1.76%
    1,173,843
    512,907
    呉市
    228,635
    96,815
    4.72%
    239,973
    98,654
    竹原市
    26,440
    11,197
    7.69%
    28,644
    11,525
    三原市
    96,205
    39,629
    4.28%
    100,509
    40,247
    尾道市
    138,628
    57,710
    4.53%
    145,202
    58,772
    福山市
    465,004
    185,122
    -0.79%
    461,357
    178,718
    府中市
    40,084
    14,920
    5.82%
    42,563
    15,122
    三次市
    53,677
    21,343
    5.17%
    56,605
    21,786
    庄原市
    37,008
    14,496
    8.04%
    40,244
    15,269
    大竹市
    27,884
    11,738
    3.30%
    28,836
    11,851
    東広島市
    192,905
    84,804
    -1.46%
    190,135
    80,986
    廿日市市
    114,937
    46,008
    -0.79%
    114,038
    44,644
    安芸高田市
    29,485
    11,659
    6.36%
    31,487
    11,804
    江田島市
    24,351
    10,745
    9.91%
    27,031
    11,451


    広島市、福山市、東広島市、廿日市市が人口の増加が若干みられ、その他の市では減少傾向です。

    広島県においては、広島市および福山市、東広島市、廿日市市以外の地域の不動産需要は益々減っていくと考えられます。

    広島県の離婚と離婚率のDATA

    離婚率についてのDATAをご覧ください。
    離婚率の高い都道府県
    人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
    離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

    第1位 沖縄県……離婚率:2.53
    第2位 宮崎県……離婚率:2.10
    第3位 北海道……離婚率:2.09
    第4位 大阪府……離婚率:2.08
    第5位 福岡県……離婚率:1.99
    第6位 和歌山県……離婚率:1.97
    第7位 鹿児島県……離婚率:1.88
    第8位 高知県……離婚率:1.87
    第9位 熊本県……離婚率:1.85
    第10位 東京都……離婚率:1.84




    第22位が広島県で、離婚件数は4942件、離婚率1.76という結果であり、広島県の離婚率はほぼ平均というDATAが出ています。

    総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータ 2015より

    離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?


    広島県の非耕作率(耕作放棄)

    広島県の非耕作率は

    20.33%(2005年)
    23.26%(2010年)

    と耕作放棄地が増加しています。

    地域別にみてみると

    2005年
    2010年
    広島市


    呉市
    42.04%
    47.11%
    竹原市
    49.25%
    53.11%
    三原市
    16.67%
    21.13%
    尾道市
    36.62%
    40.31%
    福山市
    34.54%
    36.24%
    府中市
    27.92%
    31.09%
    三次市
    9.03%
    12.24%
    庄原市
    6.83%
    8.55%
    大竹市
    45.59%
    45.50%
    東広島市
    14.14%
    17.70%
    廿日市市
    18.81%
    20.40%
    安芸高田市
    8.44%
    9.51%
    江田島市
    66.14%
    73.08%

    各地域で耕作放棄率が増加しており、供給が増加している傾向にあるようです。

    全てがそうではありませんが、耕作を放棄したり、農地以外の目的での利用が高まったりしている事が伺えます。

    しかしながら、人口は減少している為、需要が減るのは間違いなく、供給が増加するだろうと予測できます。

    つまり不動産価格はゆるやかに下落を続けると予想されます。

    農地を売る方法とは?農地の売却の基本を知っておこう!



    広島県のDATAに見る不動産の価格相場

    広島県のこれまでのDATAが示すのは、需要の減少と供給の増加・・・

    つまり物余りの状態が進み、比較的ゆるやかな下落傾向が続くであろうと予測されます。

    人口割合から考えると(価値が保たれやすい)広島市、福山市、東広島市、廿日市市を除いては、早急な対策や対応が必要となるでしょう。

    ”仁義なき戦い”の舞台ともなった呉市でも5%弱、つまり年間1%程度の人口減が見られる為、比較的に注意が必要な地域と言えるでしょう。

    不動産の売却は査定から。正しい不動産査定とは?騙されない為の裏技?


    スマイスターは一番便利な不動産の査定サイトです。



    これらの記事を参考に対策を考えましょう。

    他人に先んじて手を打たなければ、手遅れになったり、効果が低くなったりします。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA