香川県で不動産を売る場合に知っておくべきDATAと方法論

香川県で不動産を売る時に役立つ人口DATA

不動産の価格についての動向は、その需要と供給によって決まります。

需要が高まる価格が上がる

と言っても良いでしょう。

そこで不動産を売却する際には必ず人口の推移を把握し、今後の価格の動向を予測しておく必要があるのです。

香川県の人口と需要についてみてみましょう。

国勢調査による香川県の人口・世帯数
2015年10月1日国勢調査(上段表示)
前回は、2010年10月1日(下段表示)


人口
世帯数
高松市
420,943
182,005
419,429
174,278
丸亀市
110,063
43,816
110,473
42,983
坂出市
53,197
21,356
55,621
21,394
善通寺市
32,942
12,976
33,817
12,987
観音寺市
59,444
21,909
62,690
22,476
さぬき市
50,300
19,737
53,000
19,698
東かがわ市
31,046
12,438
33,625
12,754
三豊市
65,566
22,752
68,512
22,871
香川県内では高松市だけが唯一1,000人ほど人口が増加しているだけです。

つまり、香川県においては、高松市以外の地域の需要は益々減っていくと考えられます。

人口減少地域の不動産で考えなければいけない事

香川県の人口減少地域の不動産・・・該当地域
  • 丸亀市

  • 坂出市

  • 善通寺市

  • 観音寺市

  • さぬき市

  • 東かがわ市

  • 三豊市

  • その他の地域
  • については、不動産を売却できる間に売っておくほうが賢いと言えるでしょう。

    もちろん不要な不動産、不要になるであろう不動産についてです。

    10年も経過すれば、そもそもの価値がなくなってしまい、購入の需要すら無くなってしまう地域や可能性があります。

    周辺を見渡して、冷静に考えてみると見えてきますよね?

    あなたの子供や孫が農業をしますか?

    将来その地域に住み、生活を送る可能性がありますか?

    都会に行ってしまうと、田舎に帰ってくる可能性は限りなく低いのは周知の事実です。
    よく「先祖代々の土地を手放せない」といった売らない理由を耳にしますが、ご先祖様が土地を大切にしてきたのは農業をし生活をする為ではないですか?

    その為に元々購入していたりしませんか?

    それを守れなくなるのが目に見えていて、何もしないのは逆にご先祖様に対して無責任なのではないでしょうか?

    また、子供や孫に負担だけを背負わせる事になりませんか?

    管理をするだけでも大変です。

    ましてやその土地の価値がほとんどなく、利用もしないものであれば、管理面と金銭面での負担は重荷にしかなりません。

    また周辺にも迷惑が掛かる可能性すらあります。

    持っていて良い不動産とは、利用ができる、利用価値がある不動産です。

    家を建てる、貸せる、自身で耕作できる、といった事が出来ない限り不要な物と言えるでしょう。

    不動産が財産として残しておける物と、負債になるものとに別れている事を認識しましょう。

    好き好んで、子供や孫に負債を残す親はいないと思います。

    一刻も早くプロに相談をしておくべきでしょう。

    今すぐ処理をしなくても、その準備は絶対に必要です。

    私は、私に関わる人達には10年以上前からこの事を言い続けてきました。

    聞く耳を持ってくれた方はとても喜んでくれています。

    結果的に売っていない方も

    もっと早くいう事を聞いておけばよかった

    なぜもっと強くいってくれなかったんだ!

    と言われます。

    心当たりのある方や該当する方は、最終的にはあなたの決断ですが、事前の準備や相談は出来るだけ早くしておきましょう。

    事前相談はこちらからどうぞ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA