熊本県のDATAと熊本県の不動産の売却の未来について

不動産の価格相場に関連するDATA

不動産の売却に関連しては、その価格相場や需要と供給のバランス等を把握するためのいくつかのDATA項目があります。

  • 人口の推移

  • 離婚件数・離婚率

  • 非耕作率


  • 等が挙げられます。

    順番に見ていきましょう。

    熊本県の人口DATA


    不動産の価格相場についての動向は、その需要と供給によって決まります。

    需要が高まる=価格が上がる

    と言っても良いでしょう。

    そこで不動産を売却する際には必ず人口の推移を把握し、今後の価格の動向を予測しておく必要があるのです。

    熊本県の人口と需要についてみてみましょう。

    国勢調査による熊本県の人口・世帯数
    2015年10月1日国勢調査(上段表示)
    前回は、2010年10月1日(下段表示)

    人口
    世帯数
    人口減少率
    熊本市
    741,115
    315,470
    -0.90%
    734,474
    302,413
    八代市
    127,540
    47,823
    3.57%
    132,266
    47,458
    人吉市
    33,891
    13,831
    4.83%
    35,611
    14,001
    荒尾市
    53,453
    20,901
    3.38%
    55,321
    20,898
    水俣市
    25,418
    10,638
    5.78%
    26,978
    10,893
    玉名市
    66,802
    24,477
    3.94%
    69,541
    24,344
    山鹿市
    52,278
    19,140
    5.62%
    55,391
    19,308
    菊池市
    48,209
    16,959
    3.95%
    50,194
    16,706
    宇土市
    37,053
    13,284
    1.79%
    37,727
    12,808
    上天草市
    26,998
    10,472
    9.71%
    29,902
    10,994
    宇城市
    59,781
    21,434
    3.39%
    61,878
    21,077
    阿蘇市
    27,038
    10,048
    4.94%
    28,444
    10,100
    天草市
    82,770
    33,227
    7.07%
    89,065
    34,272
    合志市
    58,402
    20,574
    -6.18%
    55,002
    18,913



    熊本市が人口の増加が若干みられ、合志市は結構な勢いで人口が増えています。その他の市では完全に減少傾向です。

    熊本県においては、熊本市および合志市以外の地域の不動産需要は益々減っていくと考えられます。

    合志市の人口増加については、合併による影響と、市内への勤務が増加・・・つまり産業が創出されたことと、「子育て支援日本一」と言われる支援策が功を奏していると言えるようです。

    合志市人口ビジョン

    熊本県の離婚と離婚率のDATA

    離婚率についてのDATAをご覧ください。
    離婚率の高い都道府県
    人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
    離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

    第1位 沖縄県……離婚率:2.53
    第2位 宮崎県……離婚率:2.10
    第3位 北海道……離婚率:2.09
    第4位 大阪府……離婚率:2.08
    第5位 福岡県……離婚率:1.99
    第6位 和歌山県……離婚率:1.97
    第7位 鹿児島県……離婚率:1.88
    第8位 高知県……離婚率:1.87
    第9位 熊本県……離婚率:1.85
    第10位 東京都……離婚率:1.84




    第9位が熊本県で、離婚件数は3,290件、離婚率1.85という結果であり、熊本県の離婚率は平均よりも離婚率が高いというDATAが出ています。

    総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータ 2015より

    離婚率が高いため、熊本県では比較的売り家の供給が起こりやすいと言えます。

    離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?


    熊本県の非耕作率(耕作放棄)

    熊本県の非耕作率は

    11.94%(2005年)
    13.43%(2010年)

    と耕作放棄地が増加しています。

    地域別にみてみると

    2005年
    2010年
    熊本市
    7.17%
    8.65%
    八代市
    4.95%
    5.62%
    人吉市
    11.96%
    15.02%
    荒尾市
    29.42%
    30.04%
    水俣市
    30.21%
    31.48%
    玉名市
    11.50%
    13.94%
    山鹿市
    10.02%
    10.55%
    菊池市
    5.56%
    5.83%
    宇土市
    18.78%
    18.46%
    上天草市
    50.51%
    50.50%
    宇城市
    15.29%
    16.66%
    阿蘇市
    1.71%
    4.19%
    天草市
    36.77%
    37.85%
    合志市
    6.64%
    6.24%

    各地域で基本的に耕作放棄率が増加してimasu.

    全てがそうではありませんが、耕作を放棄したり、農地以外の目的での利用が高まったりしている事が伺えます。

    しかしながら、人口は減少している為、需要が減るのは間違いなく、供給が増加するだろうと予測できます。

    つまり不動産価格は下落を続けると予想されます。

    農地を売る方法とは?農地の売却の基本を知っておこう!



    熊本県のDATAに見る不動産の価格相場

    熊本県のこれまでのDATAが示すのは、人口減少による需要の減少と離婚や耕作放棄による供給の増加・・・

    つまり物余りの状態が進み、比較的急な下落傾向が続くであろうと予測されます。

    人口割合から考えると(価値が保たれやすい)熊本市・合志市を除いては、早急な対策や対応が必要となるでしょう。

    合志市については人口が増加している希少な地域である為、研究の要素がありますね。

    多くの市町村では合併により一時的に人口が増加しますが、当然のように人口が減少しています。

    不動産的にも政治的にも、都市計画も含め、注目すべき地域だと言えるでしょう。

    不動産の売却は査定から。正しい不動産査定とは?騙されない為の裏技?


    スマイスターは一番便利な不動産の査定サイトです。



    これらの記事を参考に対策を考えましょう。

    他人に先んじて手を打たなければ、手遅れになったり、効果が低くなったりします。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA