熊本県の離婚と家の売却。離婚に備え2つの事を知ろう!

熊本県の離婚件数と離婚率のDATA

まずはこちらのDATAをご覧ください。

離婚率の高い都道府県

人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

第1位 沖縄県……離婚率:2.53
第2位 宮崎県……離婚率:2.10
第3位 北海道……離婚率:2.09
第4位 大阪府……離婚率:2.08
第5位 福岡県……離婚率:1.99
第6位 和歌山県……離婚率:1.97
第7位 鹿児島県……離婚率:1.88
第8位 高知県……離婚率:1.87
第9位 熊本県……離婚率:1.85
第10位 東京都……離婚率:1.84




第9位が熊本県で、離婚件数は3,290件、離婚率1.85という結果であり、熊本県の離婚率は平均よりも離婚率が高いというDATAが出ています。

総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータ 2015より

  • 熊本市
  • 八代市
  • 人吉市
  • 荒尾市
  • 水俣市
  • 玉名市
  • 山鹿市
  • 菊池市
  • 宇土市
  • 上天草市
  • 宇城市
  • 阿蘇市
  • 天草市
  • 合志市
それぞれ地域性や人口密度は違いますが、全国的に見て高い離婚率です。。

3組に1組は離婚する時代です。

離婚についての知識や準備は持っておくべき地域性だと言えます。

離婚に備えて知っておくべき2つの重要なこと

離婚には結婚の数倍の労力が必要であると言われます。

少しでもスムーズに離婚をしようとすれば、事前準備が必要です。

離婚なんて自分には関係ない!

などと思っている人こそ、事前に離婚に対する知識を持っておくべきです。

離婚の時に揉める要因のほとんどが、
  1. 財産に関する事

  2. 親権に関する事

の2つに起因します。

つまり、この2つの事について知識を持ち、準備をしておけば、いざという時に役立つのです。

簡単に2つに集約しましたが、親権については子供の意見や、将来、教育環境等、その年齢や置かれている状況で変わってきます。

子供にとって一番良いのが何かを常に考えておけば、理論的には決断は早くできるでしょう。

そして、やはり揉める原因は

お金

財産ですね。

旦那が妻に内緒の借金があったり、妻に内緒の借金があったりと、一筋縄ではいかないのが財産分与です。

出来れば、そんな中でも不動産については比較的価格判断ができやすいので、家の価格と負債とのバランスを把握しておくことができます。

最低限というか、おそらく一番大きな負債もしくは財産になる不動産については、絶対に把握しておくべきでしょう。

熊本市・八代市・人吉市・荒尾市・水俣市・玉名市・山鹿市・菊池市・宇土市・上天草市・宇城市・阿蘇市・天草市・合志市、その他地域の中でも、県庁所在地である熊本市や、人口の増加と住みやすい街として挙げられる合志市等では、比較的財産価値が高い物が多く見受けられるので、離婚時にはそれなりの要求ができる可能性も高まります。

その他の地域においても、”備えあれば憂いなし”なので、損をしない為の離婚に対する準備と認識はしっかり持っておきましょう。

離婚で家を売る時の住宅ローンと注意点

離婚で家を売る時に頭を悩ませる原因となるのが「住宅ローン」の残債と債務者としての関係です。

それぞれの関係の在り方で、あなたが損をしなくてよい方法論が変わってきます。

また、住宅ローンという借金のリスクについても考慮しておく必要があるので、まずは住宅ローンの債務関係(単独債務、連帯債務)について確認し、残債と現在の不動産価格(オーバーローンなのかアンダーローンなのか)を知っておくことが重要になります。

住宅ローン残債不動産価格(オーバーローン)

住宅ローン残債不動産価格(アンダーローン)

どちらの状況なのかで、あなたに降りかかるリスクの度合いが変わってきます。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?


離婚後に住宅ローンの残った家に妻が住むリスク



あなたと子供にとって少しでもリスクが無い様に、知識を持ち準備をしておくことが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA