長崎県で土地を売る時に役立つDATAと売却について考える

長崎県で土地を売る時の相場に関連するDATA

不動産の売却に関連しては、その価格相場や需要と供給のバランス等を把握するためのいくつかのDATA項目があります。

  • 人口の推移

  • 離婚件数・離婚率

  • 非耕作率


  • 等が挙げられます。

    土地や家を売りたい”と考えている場合は知っておくべきと言えます。

    順番に見ていきましょう。

    長崎県の人口DATA


    不動産の価格相場についての動向は、その需要と供給によって決まります。

    需要が高まる=価格が上がる

    と言っても良いでしょう。

    そこで不動産を売却する際には必ず人口の推移を把握し、今後の価格の動向を予測しておく必要があるのです。

    長崎県の人口と需要についてみてみましょう。

    国勢調査による長崎県の人口・世帯数
    2015年10月1日国勢調査(上段表示)
    前回は、2010年10月1日(下段表示)

    人口
    世帯数
    人口減少率
    長崎市
    429,644
    189,422
    3.18%
    443,766
    187,685
    佐世保市
    255,648
    104,998
    2.09%
    261,101
    104,583
    島原市
    45,426
    17,083
    4.28%
    47,455
    17,039
    諌早市
    138,136
    51,842
    1.86%
    140,752
    50,989
    大村市
    92,812
    36,080
    -2.54%
    90,517
    34,044
    平戸市
    31,949
    12,388
    8.47%
    34,905
    12,885
    松浦市
    23,344
    8,974
    7.16%
    25,145
    9,214
    対馬市
    31,468
    13,393
    8.54%
    34,407
    13,813
    壱岐市
    27,106
    10,096
    7.73%
    29,377
    10,401
    五島市
    37,331
    17,422
    8.10%
    40,622
    18,382
    西海市
    28,692
    11,504
    7.97%
    31,176
    11,875
    雲仙市
    44,135
    15,361
    6.58%
    47,245
    15,863
    南島原市
    46,564
    16,654
    7.54%
    50,363
    17,160

    大村市のみが人口の増加がみられ、その他の市では減少傾向です。

    長崎県においては、長崎市・佐世保市・大村市以外の地域の需要は益々減っていくと考えられます。

    長崎県の離婚と離婚率のDATA

    離婚率についてのDATAをご覧ください。
    離婚率の高い都道府県
    人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
    離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

    第1位 沖縄県……離婚率:2.53
    第2位 宮崎県……離婚率:2.10
    第3位 北海道……離婚率:2.09
    第4位 大阪府……離婚率:2.08
    第5位 福岡県……離婚率:1.99
    第6位 和歌山県……離婚率:1.97
    第7位 鹿児島県……離婚率:1.88
    第8位 高知県……離婚率:1.87
    第9位 熊本県……離婚率:1.85
    第10位 東京都……離婚率:1.84




    第35位が長崎県で、離婚件数は2304件、離婚率1.68という結果であり、長崎県の離婚率は平均よりも離婚率が低いというDATAが出ています。

    総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータ 2015より

    離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?



    長崎県の非耕作率(耕作放棄)

    長崎県の非耕作率は

    27.13%(2005年)
    25.95%(2010年)


    と耕作放棄地が減少しています。

    地域別にみてみると

    2005年
    2010年
    長崎市
    50.44%

    佐世保市
    27.41%
    25.93%
    島原市
    16.37%

    諌早市
    21.71%

    大村市
    14.63%

    平戸市
    29.51%
    25.80%
    松浦市
    23.93%
    25.20%
    対馬市

    46.25%
    壱岐市

    15.62%
    五島市
    29.73%

    西海市
    48.36%

    雲仙市
    15.62%

    南島原市
    26.87%


    各地域で耕作放棄地のDATAが取れていない部分がありますが、耕作放棄率が減っている地域もあるようです。

    全てがそうではありませんが、耕作を続けたり、農地以外の目的での利用が高まったりしている事が伺えます。

    しかしながら、人口は減少している為、需要が減るのは間違いなく、供給が横這いもしくは増加するだろうと予測できます。

    つまり不動産価格は比較的ゆるやかに下落する要因となります。

    長崎県のDATAに見る不動産の価格相場

    長崎県のこれまでのDATAが示すのは、需要の減少と供給の横這いもしくは増加・・・

    つまり物余りの状態がゆっくり進み、ゆるやかな下落傾向が続くであろうと予測されます。

    長崎県の人口減少地域の不動産・・・該当地域
    • 島原市
    • 諌早市
    • 平戸市
    • 松浦市
    • 対馬市
    • 壱岐市
    • 五島市
    • 西海市
    • 雲仙市
    • 南島原市
    これらの地域については、不動産を売却できる間に売っておくほうが賢いと言えるでしょう。

    もちろん不要な不動産、不要になるであろう不動産についてです。

    10年も経過すれば、そもそもの価値がなくなってしまい、購入の需要すら無くなってしまう地域や可能性があります。


    人口割合から考えると(価値が保たれやすい)長崎市佐世保市、そして唯一人口が増加している大村市を除いては、早急な対策や対応が必要となるでしょう。

    元々長崎県内は平地が少なく、坂が多い地域性が特徴です。

    つまり元々の供給が少なかった事が伺えます。

    これからは供給量が同じスピードであったとしても、需要は減っていく地域の方が多いので、過信せず不動産の価値を把握しておくことが必要でしょう。

    不動産の売却は査定から。正しい不動産査定とは?騙されない為の裏技?


    スマイスターは一番便利な不動産の査定サイトです。



    これらの記事を参考に対策を考えましょう。



    長崎県で土地や家を売りたい時は

    長崎県内で土地や家を売りたい時は利用してみましょう。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA