意外と知られていない不動産の売却方法。これ重要ですよ?

不動産の売却には2種類の方法がある事を知らない方が大勢おられます。

というか、ほとんどの方が勘違いをするような広告がなされているので、知っておいてもらう事が大切だと感じます。

土地査定 無料で買取価格がわかります!」なんて広告が嘘であることを知って欲しいのです。

現場の人間からすると、はた迷惑な広告です。

ではこういった広告のうたい文句は何が間違っているのでしょうか?

今回は不動産の売却の仕組みと、素人がする広告の違いと勘違いについて暴露します。

不動産の2種類の売却方法

不動産を売る方法には基本的に2種類あります。

  1. 不動産屋にお願いして第3者のお客さんを探してもらう、”仲介

  2. 不動産業者が直接買い取る、”買い取り

この2つの方法があります。

前者の”仲介”を簡単に説明すると

”買い取りよりも高く売れる”というメリットがある反面、いつ売れるかわからない・・・

といったデメリットがあります。

そして基本的には売主が売値を決定します。

後者の”買い取りについては

仲介よりも価格が安い”というデメリットはあるが、即金化できるというメリットがあります。

そして基本的には不動産業者が価格を決めます


仲介”にせよ”買い取り”にせよ、お客さんのニーズに合った方法を選択すれば良いのです。

一括査定は仲介の査定である

2種類の売り方を理解したうえで、巷で広告されている不動産の一括査定は”仲介”の査定が基本なのです。

一括査定サイトのどこにも”買い取り査定”とは書いていません。

つまり、本当の意味でのシビアな価格ではなく(不動産屋が買う訳ではないので)、適当な価格で商品化しがちな(売主が決定するから)”仲介”での価格査定なのです。

売主の希望価格と、実勢相場に隔たりがあればいつまでも売れません。

売れなければ、査定価格なんて全く意味を持ちません。

買い取り価格が知りたい場合は、”買い取り”希望である事を伝えなければいけません。

にも関わらず、その説明を一切せずに、「高額で売れる」というキャッチフレーズでユーザーを誘導するのです。


一括査定を利用する場合の利用方法はこちらの記事を参考にしてください。

スマイスターは一番便利な不動産の査定サイトです。


こちらも参考になります。
プロが教えます!不動産の一括査定サイトの得する正しい利用方法

大切なのは、”買い取り”なのか”仲介”なのかという事をはっきりさせることです。

それによってあなたの手取りの価格が全く変わってきます。

どちらがあなたに向いているのか、正しい価格をどの辺なのか、広告や不動産屋の営業トークに誤魔化されないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA