不動産の消費税や消費税の扱いについて

消費税は日本国内で行われている商品の販売や、サービスに対して課せられる税金です。不動産取引では業者が報酬を得て行う物件の譲渡を行った場合に、消費税が課税されます。物件の規模や種類によっては100万円以上の消費税を購入者が負担することもあり、購入時にきちんと計算してから契約をすることが大切です。税金の規定は複雑なものも多いので、売買契約にはどのような規定があるのかしっかり知っておくようにします。


物件取引において必要な消費税について

税金が課せられるのは国内で行われている取引であることや、事業者が事業として行っているもの、対価を得ていることに対して支払う義務があります。また物件などの資産を提供する場合にも支払う必要があるので、物件の購入時にも課税されます。不動産の取引の中で対象となるのは建物の購入価格や工事、リフォーム、仲介手数料や住宅ローンの事務手数料、司法書士への報酬などです。


支払う必要があるケース

建物を購入するときには消費税が課税され、売り主が事業者なのか個人なのかによって支払う必要があるのか異なります。売り主が業者の場合は課税され、個人から購入する場合には課税されることはないです。建物と土地を同時に購入する場合は建物の代金には課税されますが、土地は資産の移転の一つと考えられているので課税対象にはならないです。建物も土地も個人から購入する場合には、税金を支払う必要がなくなります。また物件を購入するために依頼する仲介業者に支払う手数料にも課税され、これは個人や事業者に関係なく支払う必要があります。


中古物件での消費税の扱い

課税されるかどうかは業者が扱うことだけでなく、新築か中古かで変わってきます。新築物件の場合はどのようなケースでも課税の対象になりますが、中古物件の場合はケースによっては課税対象にならないです。中古物件の多くは個人が売却を行うことが多いので、税金は必要なくなります。ただし事業者である仲介業者から購入する場合は課税されるので、注意が必要です。相続で譲り受けた場合や、個人から購入した場合は税金を支払う必要はないので余計な費用をかけずに購入することが出来ます。


まとめ

税率が8パーセントと高いので、場合によっては100万円を超える税金を支払うこともあります。建物の購入価格ばかりに目を向けるのではなく、税金の負担についても考えておくことが大切です。購入前に必ず確認して、予算を相談しながら購入を決めるとトラブルを防ぐことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です