仕訳の方法に於いて不動産に関する経理仕訳がどうなるか

個人で不動産を購入する場合には住宅ローンを借りて住宅を購入し、毎月住宅ローンを返済するといった非常に単純なものにありますが、企業で資産として不動産を購入する場合には、その経理仕訳は非常に難しい物となってきます。特に不動産の場合にはその費目が複雑であること、またそれぞれに課税非課税が有り、これらを一緒にして考えてしまうと経理上大きなもんだいとなってしまうものです。そのため不動産を企業で購入する場合にはその経理仕訳がどうなるかをしっかりと把握して計上する事が非常に重要です。


課税非課税に注意して管理する


不動産と一口に言っても、例えば建物は課税対象で有り、土地は非課税となることからこの二つを分けて考えないといけないものです。さらに建物は経年変化とともに劣化するものなので、資産として減価償却することも可能になり、この際には毎月支払う税額もかあってくることが有ります。その為、購入の際にはその扱いを十分に考慮して購入することが必要となります。さらに建物の場合には固定資産税も掛かるので、この面も併せて仕訳を行わないと正確な管理ができないことになるため注意が必要です。


貸方と借方の分類を正確に行うこと


経理仕訳に於いては、原則として支払ったものを貸方、入手した資産を借方として管理します。その為、一括で購入した場合には購入代金を貸方、入手した不動産を借方として管理をすることになります。しかし不動産の場合にはその代金を分割で支払ったり、登録免許税と呼ばれる司法書士に支払う登記関連費用や、業者に支払う手付金などを支払う必要があり、様々な費用が発生してくるものです。これらの費用を単純に購入費用として仕訳を行ってしまうと、期末の経理処理で混乱することになってしまうのです。そのため、このような場合には都度支出が発生する度に預金など現金の出所を借方、支払を貸方として個別に管理することが大切です。


租税公課の分類を明確に


租税公課は不動産にかかる固定資産税などの税金ですが、司法書士の登録免許税も租税公課の一部として取り扱われます。このように不動産の場合には租税公課の分類を明確にしておかないと、確定申告の際に混乱することになるため注意が必要です。


まとめ

不動産の経理仕訳は単純に物品を購入し資産化するのとは大きく異なり、その仕訳項目と管理が複雑になりがちです。その為、面倒でも個別にしっかりと管理を行い、お金の流れと分類を明確にしておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です