武漢肺炎に対する対策の提言

東京での武漢肺炎の蔓延は地方には脅威に映りますね・・・。

何も対策をしない東京都知事。

支那人を「”おもてなし”しましょう」と招き入れた東京都知事。

支那人に「どんどん来てください」と言った安倍首相。

この国の政は狂っている・・・。

民間に責任丸投げの政治に、国民はあきれ果てています。

もちろん、100点の対策や結果はあり得ないので、それなりの批判などは絶対に発生するのですが、それにしても都知事の後出しパフォーマンスにはあきれるばかりです。

という事で不動産とはほぼ関係ないですが、私が考える武漢肺炎対策について、お伝えしてみようと思います。



武漢肺炎対策で営業許可制にすべし!


飲食業を始め、営業を行うに当たって許可制である職種はかなりあります。

ほとんどが知事や保健所の許可で営業を開始します。

一定の衛生基準を満たしていなければ、営業許可が下りない訳ですね。

この衛生基準を、武漢肺炎対策用にレベルを引き上げればいいのです。

そして、営業活動を行う・・・3蜜を作り出す職種全てにおいて適用すればいいのです。


具体的な基準については、知事が責任を持って厳しい基準を設定すればいいのです。

例えば
  • ソーシャルディスタンスの確保
  • 空気清浄機の設置(o3や次亜塩素酸の業務用・医療用の物)
  • 殺菌用品の設置と使用の義務化・ルールの設定
  • シールドの設置
  • ユーザーへの殺菌用品の設置と使用の義務化・ルールの設定
  • 入店者名簿の作成・・・身分証の提示
  • 許可を得た者は当然許可店として自治体で公表・掲示する
  • ・・・もし武漢肺炎感染者が出た場合は、直ちにその情報の公表。
  • 無許可営業については、厳しい罰則と罰金を科す
  • ・・・これは飲酒運転や無免許運転と変わらない所業なので、当然公表する。

素人の私が思いつくのはこれくらいですが、もっと細かく厳しく設定できるはずです。

その基準をクリアした者のみが営業を可能とするようにすればいいと考えます。

もちろんこれで100%防げる訳ではありませんが、経済活動をする上で、ユーザーの判断材料として提供すれば良いと思います。

今現在は、店の個々の裁量に任せての対策ですし、ユーザーの判断材料となり得ません。

が、営業許可制にする事で、最低限のリスク回避ができるとユーザーは判断できます。

責任はあくまで自治体の基準にある形を取れば、民間は従うだけです。


昼ご飯を食べに行くのに隣の人を気にしながら食べるよりも、きちんと対策がなされた所で気兼ねなく食べたいですよね?

これは全ての業種に当てはまります。

そもそも飲食業や理容関係などは衛生管理が問われる職種なので、当然こういった基準を設けてしかるべしです。

これくらいの事をなぜに緊急事態宣言期間中に行うなり、準備をしておかないのでしょう?

権限は知事や保健所にあります。

イベント系ならば消防局などがチェックできます。

単純に政治家が・・・あえて言うなら小池都知事が責任を負うのが嫌だから。

公務員の仕事が増えるから。

というのがその理由なのでしょうけど、私が言った方法が正しいかどうかはわかりませんが、後付けで批判だけをするよりも前向きに対策を打つ方が余程いいと思いませんか?



今のままであれば、日本中に再度武漢肺炎が広がります。

はっきり言って大部分が小池都知事の責任です。

だって、知事の権限で出来る事を何もせず、国の責任だ!みたいな事ばかりですもの。

どっちを向いて仕事してんだ?って感じです。

国が何と言おうが、知事として出来る事をする!

そういう姿勢が無いからダメなんですよ?


小池知事への不満記事の様になりましたが、もっと怒りを覚えている事があります。

それがこちら・・・。


夏休み用に運航するんですって・・・。

予約なしでも乗れるって?

これ、かなりの確率で東京から貰って帰って来ますよね?

バスに乗車した人はもれなく密接接触者に・・・。

某企業なんかは、東京へ出張した場合、帰ってきたら2週間待機する事になっているのですが、そんな規定は全員には適用されないですよね?

どこまで対策しているか全く記載されていないので、恐ろしい企業活動、武漢肺炎拡散活動であるとしか感じません。

バスなので運輸大臣なのかなあ・・・

私が権限者ならば、絶対に許可しませんが・・・。


さて、怯えてばかりではいけませんが、他人に移さない様にする努力は絶対にしなくてはいけません。

マスクは自分がならないようにする為ではありませんよ!?

他人に対するマナーであり、子供や年配者に拡散しないようにするための物です。

大人として最低限、それくらいは守りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

pro

宅地建物取引士・行政書士です。 農地の売買、農地転用、任意売却、離婚相談、相続相談をメインに実務を毎日こなしています。 困った時はぜひご相談を!