知らないと損をしてしまうケースもある不動産は損せず購入

マイホームの購入は一生に一度の大事業という方も多いイベントです。たくさんの費用もかかりますし、多くの物件にまつわる知識を学んでしっかり選ぶ必要があります。できるだけ良い物件を安く購入して損をしないようにするためにできることも知っておくことが大切です。


注文住宅と建売り住宅はどちらが得か

一戸建て住宅を大きく二つに分けると建売住宅と注文住宅に分けることができます。 注文住宅とは土地から探し、建築する依頼先も見つけて一から住まいを建築する方法です。平均で家を建てようと思い経ってから1年から1年半程もかかる大事業です。 一方建売住宅とは既に建築されている物件を購入するもので、不動産業者に紹介してもらい購入する方法です。 注文住宅は不動産業者の仲介を必要としないので仲介手数料は無料ですが、建売住宅の方は不動産業者に支払う仲介手数料が発生します。 それでも、全体的な費用としては設計料からかかってくる注文住宅の方が多く必要で、一戸建て住宅の方が安く済むケースが多く見られますので費用的には建売住宅の方が少ないコストで建てられると言えるでしょう。


住宅購入にはどのくらいの費用が必要か

新築一戸建て購入の際にかかるのは物件そのものの価格だけではありません。そのほかにも様々な費用が掛かってきますので、どのような諸費用がかかるのかあらかじめ知った上で、購入できる一戸建ての価格がどのくらいなのか予算立てることが必要です。 新築一戸建て住宅購入にかかる費用として、ローン保証料や火災保険、団体信用生命保険等があり、こうした費用は現金で契約時に支払うのが一般的です。 その他にも各種税金類がかかり、不動産取得税、登録免許税、印紙税等がかかります。 そして不動産物件を仲介した不動産業者に仲介手数料を支払いますが、中には仲介手数料が半額だったり、無料という業者もあります。



仲介物件と売主物件の違い

新築一戸建ての物件は一般的に不動産業者の仲介で良い物件を紹介してもらいますが、中には売主物件というものもあります。この売主物件というのは売主が不動産業者の仲介をせずに直接販売する物件のことです。 新築マンションはもともと建設会社のデベロッパーが直接販売しますので、不動産業者の仲介が必要ありませんが、住宅メーカーの中にも一戸建て物件を直接販売するところや、工務店が直接販売するところが増えています。 こうした売主物件を選ぶと、仲介手数料が無料にて新築物件を購入することができるので、経費を削減することができます。 少しでも新築一戸建て購入の費用を安くするためにこのような売主物件も検討してみることをおすすめします。


まとめ

このように住宅購入に関してはしっかりと知識を持たずに購入すると100万円単位での損をしてしまうケースもありますので、あらかじめしっかり知識を持って有利な住宅購入を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です