愛媛県で不動産の売却に関連する、知っておくと便利なDATA

不動産の価格相場に関連するDATA

不動産の売却に関連しては、その価格相場や需要と供給のバランス等を把握するためのいくつかのDATA項目があります。

  • 人口の推移

  • 離婚件数・離婚率

  • 非耕作率


  • 等が挙げられます。

    順番に見ていきましょう。

    愛媛県の人口DATA


    不動産の価格相場についての動向は、その需要と供給によって決まります。

    需要が高まる=価格が上がる

    と言っても良いでしょう。

    そこで不動産を売却する際には必ず人口の推移を把握し、今後の価格の動向を予測しておく必要があるのです。

    愛媛県の人口と需要についてみてみましょう。

    国勢調査による愛媛県の人口・世帯数
    2015年10月1日国勢調査(上段表示)
    前回は、2010年10月1日(下段表示)

    人口
    世帯数
    人口減少率
    松山市
    515,092
    230,816
    0.41%
    517,231
    224,178
    今治市
    158,185
    66,980
    5.01%
    166,532
    68,249
    宇和島市
    77,473
    32,706
    8.00%
    84,210
    34,041
    八幡浜市
    34,963
    14,993
    8.88%
    38,370
    15,849
    新居浜市
    119,905
    50,638
    1.50%
    121,735
    50,377
    西条市
    108,244
    44,592
    3.43%
    112,091
    44,630
    大洲市
    44,131
    18,085
    6.42%
    47,157
    18,410
    四国中央市
    87,467
    34,954
    3.02%
    90,187
    34,951
    西予市
    38,927
    16,370
    7.49%
    42,080
    17,096
    伊予市
    36,839
    14,026
    3.10%
    38,017
    13,959
    東温市
    34,652
    13,980
    1.70%
    35,253
    13,490

    残念ながら人口が増加している地域はありません。かろうじて松山市のみが減少率0.41%と、減少の幅が1%未満です。

    つまり、愛媛県においては、松山市以外の地域の需要は益々減っていくと考えられます。

    愛媛県の離婚と離婚率のDATA

    離婚率についてのDATAをご覧ください。
    離婚率の高い都道府県
    人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
    離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

    第1位 沖縄県……離婚率:2.53
    第2位 宮崎県……離婚率:2.10
    第3位 北海道……離婚率:2.09
    第4位 大阪府……離婚率:2.08
    第5位 福岡県……離婚率:1.99
    第6位 和歌山県……離婚率:1.97
    第7位 鹿児島県……離婚率:1.88
    第8位 高知県……離婚率:1.87
    第9位 熊本県……離婚率:1.85
    第10位 東京都……離婚率:1.84




    第29位が愛媛県で、離婚件数は2395件、離婚率1.74という結果であり、愛媛県の離婚率はほぼ平均であるというDATAが出ています。

    総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータ 2015より

    離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?


    愛媛県の非耕作率(耕作放棄)

    愛媛県の非耕作率は

    19.15%(2005年)

    21.95%(2010年)
    と耕作の放棄が進んでいます。

    地域別にみてみると

    2005年
    2010年
    松山市
    15.51%
    21.48%
    今治市
    33.70%
    36.98%
    宇和島市
    21.52%

    八幡浜市
    7.51%

    新居浜市
    24.03%
    25.12%
    西条市
    11.33%
    11.79%
    大洲市
    24.50%
    26.65%
    四国中央市
    23.69%
    27.08%
    西予市
    12.73%

    伊予市
    16.46%
    19.67%
    東温市
    7.07%
    8.58%

    各地域で耕作放棄地が増加しているのが解ります。

    つまり売却物件予備軍ですね。

    全てがそうではありませんが、耕作を続けたり、維持することが困難になっている事が伺えます。

    供給が年々増加していく事も想像に易いでしょう。

    つまり不動産価格は下落する要因となります。

    愛媛県のDATAに見る不動産の価格相場

    愛媛県のこれまでのDATAが示すのは、需要の減少と供給の増加・・・

    つまり物余りの状態が進み、益々の下落傾向が続くであろうと予測されます。

    愛媛県の人口減少地域の不動産・・・該当地域
    • 今治市
    • 宇和島市
    • 八幡浜市
    • 新居浜市
    • 西条市
    • 大洲市
    • 四国中央市
    • 西予市
    • 伊予市
    • 東温市
    • その他地域

    松山市を除くその他の地域は全滅です。

    都市計画が残っている(価値が保たれやすい)松山市今治市を除いては、早急な対策や対応が必要となるでしょう。

    これらの地域については、不動産を売却できる間に売っておくほうが賢いと言えるでしょう。

    もちろん不要な不動産、不要になるであろう不動産についてです。

    10年も経過すれば、そもそもの価値がなくなってしまい、購入の需要すら無くなってしまう地域や可能性があります。

    このDATAを見て危機感を抱かない方は、余程のお金持ちか、負債を抱えても平気な精神力の持ち主の方と言えるでしょう。

    不動産の売却は査定から。正しい不動産査定とは?騙されない為の裏技?


    スマイスターは一番便利な不動産の査定サイトです。



    これらの記事を参考に対策を考えましょう。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です