農地の値段根拠とは?農地の値段を決めるプロの調査事項

農地、相場、価格、値段 なんてキーワードで検索して出てくる数字はほとんど意味がありません。 何故か?⇒プロの目から見て農地の価格の算出法、根拠を知れば納得できます。 農地を売買する場合には、宅地を売却するよりも多くの確認事項があります。 当然ですよね。 建物を建てれる・・・建築が可能な事が前提で、農地=土地の価値が発生する訳ですから。 一般の方が知っておく必要はないかもしれませんが、地主さんは自身の土地の価値を推測するうえで、ある程度把握しておく事が望ましいでしょう。 では一体どんな項目を・・・? せっかくなので、プロが現場で最低限確認する事を伝授しませう^^ 農地の価格の算出法の基本を知って下さい。 ※ここでは農地⇒農地の売買は考慮しません。 農地の価格を決める要素とは? まずは皆さんが知りたい、農地の価格の成り立ちを知りましょう。 宅地の価格 = 農地の価格 + 造成工事費用 + 諸費用(測量や登記、各種申請費用等) この公式を覚えておきましょう。 逆に言うと、 農地の価格 = 宅地の価格 - (造成工事費用 + 諸費用(測量や登記、各種申請費用等)) となります。 要は、農地を宅地にする為の費用を、宅地から差し引くと、農地の値段がわかるんですね。 そして、ただ単純に宅地にするだけではなく、農地法をはじめ、各種クリアすべき法律があり、その基準に合うように加工していく必要があります。 なので、現場のプロは当然それを考慮して、必要な調査を行うのです。 以下では、価格を形成する為の要素である、調査事項について見ていきます。 参考記事 「農地を売る時の価格の相場を知りたい」という質問をされる場合があります。しかし、隣同士の農地でも価格が大きく違う場合がありますので、農地に相場はあって無いような物なのです。たまに農地の価格相場 ㎡=〇〇万円なんていうサイトをみかけますが、全くナン...農地を売る時の価格を知りたい?農地の価格査定方法と相場...
2017年9月14日0 DownloadsDownload