岡山県のDATAと岡山県の不動産の売却の未来について考える

不動産の価格相場に関連するDATA

不動産の売却に関連しては、その価格相場や需要と供給のバランス等を把握するためのいくつかのDATA項目があります。

  • 人口の推移

  • 離婚件数・離婚率

  • 非耕作率


  • 等が挙げられます。

    順番に見ていきましょう。

    岡山県の人口DATA


    不動産の価格相場についての動向は、その需要と供給によって決まります。

    需要が高まる=価格が上がる

    と言っても良いでしょう。

    そこで不動産を売却する際には必ず人口の推移を把握し、今後の価格の動向を予測しておく必要があるのです。

    岡山県の人口と需要についてみてみましょう。

    国勢調査による岡山県の人口・世帯数
    2015年10月1日国勢調査(上段表示)
    前回は、2010年10月1日(下段表示)


    人口
    世帯数
    人口減少率
    岡山市
    719,584
    309,101
    -1.41%
    709,584
    296,790
    倉敷市
    477,435
    189,736
    -0.40%
    475,513
    183,303
    津山市
    103,714
    40,304
    2.88%
    106,788
    39,876
    玉野市
    60,782
    24,736
    5.89%
    64,588
    25,449
    笠岡市
    50,593
    19,155
    6.70%
    54,225
    19,676
    井原市
    41,419
    14,898
    5.71%
    43,927
    15,108
    総社市
    66,888
    24,847
    -1.04%
    66,201
    23,459
    高梁市
    32,091
    13,416
    8.21%
    34,963
    14,121
    新見市
    30,677
    11,667
    9.43%
    33,870
    12,208
    備前市
    35,207
    13,826
    6.96%
    37,839
    14,136
    瀬戸内市
    36,983
    13,646
    2.30%
    37,852
    13,343
    赤磐市
    43,218
    15,704
    0.55%
    43,458
    15,274
    真庭市
    46,137
    16,079
    5.77%
    48,964
    16,458
    美作市
    27,956
    10,885
    8.33%
    30,498
    11,205
    浅口市
    34,256
    12,452
    5.14%
    36,114
    12,280


    岡山市および総社市、倉敷市で人口の増加が若干みられ、その他の市では減少傾向です。

    岡山県においては、岡山市および総社市、倉敷市以外の地域の不動産需要は益々減っていくと考えられます。

    岡山県の離婚と離婚率のDATA

    離婚率についてのDATAをご覧ください。
    離婚率の高い都道府県
    人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
    離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

    第1位 沖縄県……離婚率:2.53
    第2位 宮崎県……離婚率:2.10
    第3位 北海道……離婚率:2.09
    第4位 大阪府……離婚率:2.08
    第5位 福岡県……離婚率:1.99
    第6位 和歌山県……離婚率:1.97
    第7位 鹿児島県……離婚率:1.88
    第8位 高知県……離婚率:1.87
    第9位 熊本県……離婚率:1.85
    第10位 東京都……離婚率:1.84




    第31位が岡山県で、離婚件数は3296件、離婚率1.73という結果であり、岡山県の離婚率は平均よりもやや離婚率が低いというDATAが出ています。

    総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータ 2015より

    離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?


    岡山県の非耕作率(耕作放棄)

    岡山県の非耕作率は

    16.89%(2005年)
    18.60%(2010年)

    と耕作放棄地が増加しています。

    地域別にみてみると


    2005年
    2010年
    岡山市
    10.19%

    倉敷市
    16.67%
    16.99%
    津山市
    10.17%
    12.30%
    玉野市
    19.24%
    21.00%
    笠岡市
    56.23%
    57.71%
    井原市
    38.84%
    42.65%
    総社市
    12.01%
    12.64%
    高梁市
    30.04%
    32.07%
    新見市
    19.71%
    21.89%
    備前市
    29.73%
    35.16%
    瀬戸内市
    16.82%
    17.50%
    赤磐市
    14.86%
    14.83%
    真庭市
    12.18%
    15.75%
    美作市
    13.64%
    15.95%
    浅口市
    33.30%
    35.32%



    各地域で耕作放棄率が増加しており、岡山県全体で増加傾向です。

    全てがそうではありませんが、耕作を放棄したり、農地以外の目的での利用が高まったりしている事が伺えます。

    しかしながら、人口は減少している為、需要が減るのは間違いなく、供給が増加するだろうと予測できます。

    つまり不動産価格は下落を続けると予想されます。

    農地を売る方法とは?農地の売却の基本を知っておこう!



    岡山県のDATAに見る不動産の価格相場と売り時

    岡山県のこれまでのDATAが示すのは、人口の減少による需要の減少と土地余りの為に起こる供給の増加・・・

    つまり物余りの状態が進み、地下の下落傾向が続くであろうと予測されます。

    人口割合から考えると(価値が保たれやすい)岡山市、総社市、倉敷市を除いては、早急な対策や対応が必要となるでしょう。

    少しでも早く売る事があなたの損失を抑え、得をする為の売り時と言えるでしょう。

    不動産の売却は査定から。正しい不動産査定とは?騙されない為の裏技?


    スマイスターは一番便利な不動産の査定サイトです。



    これらの記事を参考に対策を考えましょう。

    他人に先んじて手を打たなければ、手遅れになったり、効果が低くなったりします。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です