土地を売りたい!家を売りたい!ならば今すぐ売っておくべし!

不動産を売る

全国的に地価が下落している地域が大半です。

2025年を境に東京でも地価の下落が始まる可能性が囁かれる昨今。

いかに早い段階で不動産を売却できるかが、不動産の売却で損をするか得をするかの重要なポイントとなっているのです。

高く売りたい≒一刻も早く売る

この図式が成り立つ地域が増加している事実と、その原因を知り、自身の財産価値を守るために備えましょう。

売りたい、将来売ろう、と考えている不動産を持っているならば、今すぐに売っておく事が「高く売れた」事になるのです。

この事は90%以上の地域で当てはまる現実である事を、一刻も早く気づきましょう。

その不動産なぜ売らないの?不動産なんかタダでも要らなくなる時代


不動産を売る方法

不動産を売る方法としては簡単に分類すると3つのパターンがあります。
  1. 不動産屋を介して売買する「仲介

  2. 不動産屋が直接買い取る「買い取り

  3. 個人間で直接売買する「個人間売買

個人間売買は余程の間柄で行われるケース以外は、少ないケースであり、素人同士の売買なので、リスクがほぼ無いと言える状況でのみ考えればよいでしょう。

そして不動産屋を利用する場合には2種類の方法がありますが、多くの取引は「仲介」で行われることが多いと言えます。

そしてそれが理由で、不動産の売却に関する説明についての前提が(不親切にも・・・素人なので仕方ない・・・)「仲介」である事が多く、不動産の査定についての説明や宣伝広告が完全に間違っている事が見受けられます。

結果的に現状では、皆さんが「仲介」なのか「買い取り」なのかの見極めをする必要があるのです。

話の前提が違えば当然金額の違いが生まれますし、ニーズに合っているのか合っていないのかという根本的な誤解が生じる為、確認が必要と言えるでしょう。

意外と知られていない不動産の売却方法。これ重要ですよ?



不動産査定について

不動産査定の方法と仕組み、一括査定の上手な利用法については以下の記事を参考にして下さい。

適正な価格がいくらなのか?

この不動産屋はなぜこんな金額を提示するのか?

不動産査定の仕組みを知ればそれが分かります。

不動産査定の種類と向き・不向き。無料と有料の使い分けは?


不動産の売却は査定から。正しい不動産査定とは?騙されない為の裏技?


不動産の一括査定の仕組みを知れば解る、不動産会社の選び方


不動産の一括査定が一番威力を発揮するケースと正しい利用法を暴露!


一括査定サイトの間違った利用と失敗するパターンと落とし穴


土地を売る

土地を売る際には以下の事を決める必要があります。

  1. 売る方法
  2. 売る理由
  3. 売る金額
  4. 任せる不動産業者

まず、前述の売却の方法を決定します。

次に売る理由をはっきり持っておきます。

土地を売る時の理由は主にこの5点になります。
  • 住宅ローンの支払いで売る
  • 相続で売る
  • 離婚で売る
  • 不要なので売る
  • 転勤で売る

  • 不動産を売る理由によっても、決定する価格が変わってくるので、「なぜ売るのか?」を自分の中で整理しておきましょう。

    そしてその土地についての査定をしてもらいます。

    査定後に納得いく売り出し価格と不動産業者を決定します。

    売り出し価格が決まったら、後は不動産屋による売却活動です。

    吉報を待ちましょう。

    土地を売る際の流れと注意点についてはこちらを参考にしてください。

    土地を売りたい時の流れと絶対注意すべき2つのポイント



    もし売却活動後に

  • 売れない・・・
  • どうすればいいのかわからない・・・

  • なんてことに遭遇した場合はこちらを参考にしてください。

    その不動産が売れない5つの理由。土地や家が売れない原因をズバリ!



    家を売る

    家を売りたい場合も決めていく事は土地と同じです。
    1. 売る方法
    2. 売る理由
    3. 売る金額
    4. 任せる不動産業者

    家を売る場合は土地以上に売却の理由が重要になります。

    その理由によっては、金融機関の同意が必要であったり、関係者の同意が必要であったり、その他の要因が加わってくるのです。

    家の売却についての基本はこちらを参考にしてください。

    家を売る時の5つの注意点。損を防ぎ得をする【重要】


    住宅ローンの支払いで売る場合

    住宅ローンの支払いの関係で家を売却する場合は、金融機関との調整が必要になります。

    また代位弁済後の売買ともなると、法律的知識と経験を持った不動産業者に依頼しなければ、大変な失敗が起こりえます。

    順序だてて問題を解決できる、単なる不動産屋ではなく、債務整理、任意売却のプロの存在が必要不可欠です。

    以下の記事を参考に、自分の置かれている状況を勘案しながら、本物のプロを見つけてください。

    家を売った実話。住宅ローンが払えない!任意売却で再スタート!


    住宅ローンが残っている家を売るには?2種類の売却方法【必見】


    住宅ローンの支払いで家を売らなければいけない時と大丈夫な時とは?


    借金や住宅ローンの支払いに悩んでいたのが馬鹿らしい!?


    離婚で売る

    離婚で家を売る場合には、保証人や金融機関などの関係者の同意が必要であったり、財産分与による財産の分配が発生したりするケースがあるので、家の価値について十分に把握しておく事が重要です。

    財産分与の取り分が変わりますし、まずいケースになると社金が・・・なんてことも。

    以下の記事を参考に、十分に自分の立ち位置を安全で有利な物にしておきましょう。

    離婚時の住宅ローン債務の変更と家の名義変更は難しい?


    離婚したい人の準備とお金の事。さあ離婚だ!


    離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?


    不要なので売る・相続で売る

    この場合はあまり気にしなくても良いでしょう。

    価格についてのみ、適正な価格で売る事の準備さえしておく事です。

    チャンスを逃がさないようにする心構えが一番重要でしょう。

    ※相続登記、遺産分割前の物件については相続人の調整が必要なので、できれば相続登記もしくは遺産分割協議まではしておきましょう。

    転勤で売る

    転勤の場合は賃貸で貸すことも視野に入れて、どちらが得なのか?を吟味しましょう。

    将来、その街に帰ってくる予定なのであれば賃貸しておく事も有りですが、地下が下落している地域であれば、売却しておいた方が得になる可能性が高いので、無料の一括査定などを利用して、十分にそのメリット・デメリットを考えましょう。

    全国都道府県別

    土地を売りたい・家を売りたい
    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県




    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です