儲けている不動産屋のシステムを実体験。儲けの仕組みと得する方法

いやぁ、そりゃ儲かりますなぁ・・・

仕事をしている上で、エゲツナイ利益を上げようとする輩を見つけてしまいました。

決して悪い訳では無いのですが、一般的な感覚からはかなりかけ離れた感覚です。

不動産屋のボロ儲けの実体験の話をお伝えします。

不動産業界で流行っている転売ビジネス

かいつまむとこんな感じです。
このマンションを3500~4000万円で売りませんか?
オーナー
丁度このマンションの処理を考えていたんだよ^^ぜひ相談に乗って欲しい。
これくらいの価格であればすぐにでも買いたいという方がおられるので、勧めてきます^^
オーナー
任せたよ!


数日後
オーナー
他の不動産業者が購入の申し込みを持ってきたんだが・・・金額が金額なんで、お宅の状況を知りたいんだ・・・。
おいくらの話なんですか?
オーナー
2,000万円・・・。なんだか中間省略とか難しい話をされて・・・
その話はすぐにお断りして頂いても大丈夫です。こっちの話は間違いないので、お断りしてください。


他の不動産業者が持ち掛けた話の形は
という形で、いわゆる先付後買い+中間省略という形の経費を極力抑えた形です。

どこまで手直し等をするのかはわかりませんが、明らかにこの差額が利益として確定している、不動産業者としては一番おいしい形です。

売る側(オーナー)も、買う側(エンドユーザー)も、金銭的メリットは全くありません。

単純に不動産業者が3,500万円の中抜きをするだけなので、少し状況とシステムを理解し、頭を使えば、この中抜きを防いで金銭的負担を防げるのです。

間の不動産業者を省き、仲介の不動産業者を入れるだけで、仲介手数料はかかりますが、アホな中抜きの利益は無くせるのです。

余りにも金額に差があったので、逆に私の提示した話が疑わしく感じたそうなのですが、このシステムを説明する事で納得して頂けました。

結果的に3500万円での取引が成立し、売主さんも買主さんも納得の結果を得ることが出来ました。


パターンAの売買の形式とパターンBの取引の違いです。

売主はパターンAよりも1,500万円も高く売る事が出来、買主も他業者で扱っている価格よりは2,000万円程安く購入できる訳ですから、当然パターンBの方がいいですよね?

今回の場合は元々私の話が先行していたので、何ら問題なく進みましたが、世の中にはパターンAのケースが無数にあります。

もしあなたが少しでも安く買いたい、少しでも高く売りたい、と考えるならば、その取引の形態を十分に確認しましょう。

それでも分からない場合は個別に相談してください。

出来る場合と出来ない場合がありますが、方法の指南および相談位は乗りますので^^

今回の買主になろうとしていた不動産業者と仲介業者は怒り心頭でした。

買い付けまで入れていたのに・・・。私たちの顔が立たない・・・。

君たちの顔なんて知らんがな!こっちに情報をもらっていた訳でもなく、高く売ってきてお客さんが喜んでくれるんだから。

不動産屋も企業なので、利益を上げる事は重要ですが、当然いい話の方に向かうのは当たり前の事です。




すごく大勢の方が知らずに利益のみを吸い上げられてしまっているので、良識ある方法を知って頂くべく、日々啓蒙しなければいけませんね。

ご相談がある場合はコメント欄からどうぞ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です