不動産ジャパンで物件検索は戦力外ですよ?不動産ジャパンの使い方

不動産ジャパンというものを知っていますか?当たり前ですが、知らない方の方が多いですよね?

不動産ジャパンて何なんでしょう?

不動産業者であれば必ず知っているのが、レインズ(不動産流通標準情報システム)です。

レインズは建設大臣から指定を受けた全国4個所の不動産流通機構が運営している不動産情報交換のためのコンピュータ・ネットワーク・オンラインシステムです。

不動産会社のみが利用可能なシステムで、受託した物件の登録を行い、各不動産業者へ情報を流し、共有する仕組み」がレインズですが、一般の方には目に見える恩恵はありません。

そこで、レインズの情報を一般の方も確認ができるシステムとして存在するのが、「不動産ジャパン」なのです。

不動産ジャパンは安心・安全な不動産取引をサポートすることを目的として、公益財団法人不動産流通推進センター(以下当センター)が管理・運営する総合不動産情報サイトです。本サイトでは、消費者が安心して住まいを探す、安全に住み替えるのに必要な知識や情報の提供、わが国の大半の不動産会社が加盟する不動産流通4団体から提供される不動産物件情報・不動産会社情報の提供などを行っております。

引用元:不動産ジャパン


今回はこの不動産ジャパンについてのメリット・デメリットを見ていきます。

不動産ジャパンは役に立つ?使えない?

不動産ジャパンは不動産知識を学ぶには役に立つが、不動産物件情報を入手するのには戦力外

というのが現場の不動産業者の意見です。

都会のほうではわかりませんが、我々の様な田舎の不動産業者は、そもそもレインズを重要視していません。

専任物件であればその登録を義務付けられていますが、一般媒介のものやお宝情報は決して登録はしないのです。

今でこそathome等のポータルサイトに物件を登録すれば、同時にレインズに登録できる仕組みがありますが、わざわざレインズ不動産ジャパンに物件を登録している意識は無いのです。

流れとしては

athomeに登録 ⇒ 登録するを選択してレインズ・ラビ―ネット(不動産ジャパン)に登録(athome登録から1~3日遅れて登録される)


という形なので、レインズ不動産ジャパンを確認するよりも、athomeを確認した方が早いのです。

また仕組みとしてどうしても物件数が圧倒的に少ないので、同じ物件をどうせ見るのならば、athomeなどの方がいいに決まっています。

という事で、我々不動産業者も物件確認する際はathomeなどのポータルサイトを確認した上で、不動産業者へ問い合わせますので、一般の方もそうする事の方が良いでしょう。

また、広告検索についてもathome等のポータルサイトの方が上位に表示されてきますので、一般ユーザーの方も自然とそちらを目にする様になっているのが現実です。

  • 物件数がポータルサイトの方が多い
  • 検索力・検索結果の問題
  • 根本的に不動産業者が力を入れていない
  •  ⇒ 自社サイトの方が結果が出るし、本当に売りたい物件を掲載できるから

    不動産業者は不動産ジャパンを広告ツールとして見ていない

    つまり不動産ジャパンは、物件情報を入手するのには戦力外なのです。


    地域的にレインズや不動産ジャパンを重要視する所があるかもしれませんが、私の経済圏では物件検索には向いてないですね・・・。
    20年近く業界にいますが、一度としてそれで物件を見ました!という話は聞いたことがありません。
    仕組み的にも向いてないのですが、業界団体が存在する一つの意味ではあるので・・・。
    なぜ不動産ジャパンを持ち上げて検索素晴らしいみたいな記事が沢山存在するのか、理解不能です。

    不動産ジャパンの役に立つ部分

    では不動産ジャパンはいつ世の中の人の役に立つのでしょうか?

    実は不動産ジャパンは、不動産に関する知識を得る際には非常に優秀な能力を持っています。

    かくいう私も、何度もその知識の恩恵に預かってきていますから。

    不動産ジャパンの優秀な部分

    左側の赤い枠で囲んでいる部分ですね。

    右側は前述のとおり、戦力外です。

    あ、ちなみにですが、当方で配布している不動産査定書のひな形は、この不動産ジャパンで紹介されている

    ※(公財)不動産流通推進センター「価格査定マニュアル」の詳細はこちら(「価格査定マニュアル」では、時点修正はシステムに内蔵されていません。)

    とういう物に、時点修正できるシステムを搭載して自身で作成した物になります。

    そう、価格査定の知識であったり、物件の探し方であったり、関連の法律であったりと、一般人が書いているブログの微妙に間違った記事が氾濫している現在において、公益財団法人 不動産流通推進センターという団体が、非常に信頼度の高い情報を記載してくれていますので、かなり役に立つはずです。

    不動産ジャパン~住まいのお役立ち情報

    不動産ジャパンにおいて、一般ユーザーに一番役に立つのが

    住まいのお役立ち情報」の部分です。

    • 住環境を調べる

    • 相場・取引動向

    • 住まいのトラブル相談

    という3つのコンテンツに分類されています。



    不動産ジャパンで住環境を調べる

    不動産物件を購入しようとされる方は、「住環境を調べる」をぜひ確認してください。

    住環境の確認方法の他に、

  • 住宅関連助成など
  • 子育て支援サービス
  • 防災関連情報
  • 防犯関連情報
  • 各自治体の情報
  • 等のプラスになる情報を入手する事が可能です。


    不動産ジャパンで相場・取引動向を調べる

    不動産を売りたい、検討している方は、「相場・取引動向を調べる」を利用してください。

    土地・中古住宅・新築マンション・中古マンションの売買動向だけでは無く、賃貸相場の動向や各種DATAの確認も出来てしまいます。



    不動産ジャパンで不動産トラブルについて調べる

    不動産関連のトラブルについて知りたい場合は、「住まいのトラブル相談」を確認してください。

  • 住まいのQ&A
  • トラブル事例集
  • 住まい探し体験談

  • で該当するトラブルと対処法について確認できるほか、

    「住まいの相談窓口」で、売買や賃貸に関する相談を受け付けている団体を紹介してくれます。

    不動産ジャパンで損をしない知識を

    不動産ジャパンの知識を吸収する事で、不動産取引においての損失を防ぐことができます。

    知らない内に実は損をしていた・・・

    貰える助成金があったのに・・・

    トラブルを未然に回避できた・・・

    なんてことにならない為の知恵が不動産ジャパンには詰まっています。

    ぜひ有効に活用して下さいね。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    pro

    宅地建物取引士・行政書士です。 農地の売買、農地転用、任意売却、離婚相談、相続相談をメインに実務を毎日こなしています。 困った時はぜひご相談を!