不動産の2つの売却方法。仲介と買取での査定価格の違い。

不動産を売る方法には基本的に2種類あります。

  • 不動産屋にお願いして第3者のお客さんを探してもらう、”仲介
  • 不動産業者が直接買い取る、”買取


残念ながら、この2つの売却方法について、混同した広告や説明が世の中には溢れています。

ここでは、不動産の売却で失敗や勘違いをしない為に、不動産業者が行う2つの売却方法について説明してみます。

仲介という売却方法

仲介”を簡単に説明すると、

物件と買い手とを繋げるお見合いの斡旋です。

不動産屋(という結婚相談所)にお願いして第3者のお客さん(結婚相手)を探してもらう形ですね。

ほとんどの不動産の売買の形式が、この”仲介”での形となります。

仲介での売却のメリット
  • 買取価格より高い金額で売却できる
  • 売却価格を自分で決めれる

仲介での売却のデメリット
  • 売却がいつできるのか未定
  • 適当な根拠のない高い査定価格が出てくる
  • 売買に対する責任を契約内容によって負う必要がある


売買価格の内訳イメージ



仲介での売却では”買い取りよりも高く売れる”というメリットがある反面、いつ売れるかわからない・・・

といったデメリットがあります。

何年も売り物件の看板が掲げられているのを見たことがあるかと思いますが、売却価格を自分で決めれる反面、売れないリスクを抱えなければいけません。

仲介”での査定価格は、正直な不動産業者であれば図の左、相場価格の結局売れる金額範囲の部分の査定価格が出てきます。

が、素人不動産屋や競合になった場合に自社へ取り込むために図の右、適当な査定価格の様に相場よりも高い査定価格が出される事があります。

結局売れる金額の範囲は変わらないのですが、根拠がない査定価格が出てくることによって、売却に時間がかかり、その分地価が下がって、結果自分の物件も値下がりする・・・

なんてデメリットも発生します。

もちろん、私の様な正直な不動産屋さんであればそんなことは無いんですけどね^^


また、契約不適合責任をはじめ、違約、解約、危険負担、境界確定など、民法上の責任を契約内容に沿って売主個人が負う必要があります。

これもケースバイケースですが、売主のリスクとなる部分ですので注意が必要ですね。

人間は近欲なので、一度刷り込まれた高い金額を消してしまう事は中々できません。

高い価格の刷り込みが正確な決断の邪魔をし、結果的に損失が広がってしまう

これは私が長年経験してきた事なので、”仲介”での査定価格については十分にその根拠を把握しておく事が必要です。

どちらかというと、低い数字を相場価格であると強く認識しておくと良いでしょう。


不動産業者による買取での売却方法

文字通り、不動産業者による買取です。

車の下取りなんかと同じですね。

仲介での売却のメリット
  • 即金化できる
  • 売却価格は買主である不動産業者が提示するが、判断は売主がする
  • 売買に対する責任のほとんどは買主である不動産業者が負わなければいけない

買取での売却のデメリット
  • 買取価格より低いの金額での売却となる


即金化できるというメリットの反面、売却価格は低くなります。

図の真ん中を見て頂ければわかると思いますが、不動産業者は売却できる価格を設定し、そこから利益と経費を差し引いた金額で買取価格を算出しますので、その分売却価格が安くなるんですね。

それで売却するかどうかの判断を売主がするわけですが、一定期間仲介で売却してみて、成果が上がらない様であれば買い取りに切り替えるという方法が一番いいと考えます。

何が一番ダメか?というと、ずっと売れないという事です。

売れないリスクを抱え続けていくという事です。

特に地価が値下がりしている地域においては、売れないリスクはなるべく早い段階で解消しなくてはいけません。

また、売買についての責任はプロの買主である不動産業者が負うことがほとんどです。

プロなんだから、調査してリスクを発見しておくのは当たり前

という観点からなのですが、いらぬ心配をしないでいいのも買取のメリットと言えます。


買取価格を把握しておけば、ある程度相場価格も逆算して把握できます。

その不動産業者がどれくらいを適正価格だと判断しているか?

という事を推し量る為の材料となるので、査定依頼する際は”仲介”と”買取”の2つの査定を依頼するのが正しい査定依頼であると言えます。




仲介”と”買取”の違いについて何となくご理解して頂けたでしょうか?

仲介”にせよ”買取”にせよ、お客さんのニーズに合った方法を選択してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

宅地建物取引士・行政書士です。 農地の売買、農地転用、任意売却、離婚相談、相続相談をメインに実務を毎日こなしています。 困った時はぜひご相談を!