離婚で家を売る時に必ず知っておかなければいけない事とは?

離婚をきっかけにして家を売る方が増加しています。

これも時代の流れなので仕方ない事なのですが、この際あなたが損をしない為に、身を守るために知っておかなければいけない事が当然存在します。

離婚が理由で家を売る場合には、今現在の家の価格と、住宅ローンの残債との兼ね合いで、あなたが得られる財産分与の価格が変わってきますので、不動産の価格を知っておく事がとても重要です。

特に離婚の場合は、家を売る、売らないに関らず、確認をしておく必要性があるのが、家の価値なのです。

住宅ローンの残債家の価値

or

住宅ローンの残債家の価値

のどちらか?という事で、その後の対応策の選択肢が変わってきます。

そこで、私が関わった離婚と家の売却の事例を元に、離婚と不動産価格の重要性をお伝えしてみます。

離婚に際して不動産査定価格であなたが損をしない為に

住宅ローンが残っている場合に、この不動産の査定価格によって、あなたが損をする場合や得をする場合が存在します。

住宅ローンは当然負債なのでマイナスの部分が生まれます。
例えばローンの残債が2,000万円の場合に、不動産の査定価格が3,000万円の価格であれば1,000万円の財産とみなされます。

逆に1,800万円の査定価格であれば、-200万円の負債・・・負の財産とみなされます。

そうなのです。

不動産の査定額によって、あなたの立場によっては高い場合が良かったり、低い場合が良かったりするのです。

そして、通常この査定価格は2社以上の不動産業者の査定価格を比較して相談の上、決定していきます。

どちらか一方のみの意向が働いた査定であれば、相手方が不利益を被るのは当たり前なので、2社以上の平均を・・・・となるのですが、2社以上の価格が驚くほど開いてしまう事があります。

私が現実に体験した査定では、住宅ローンの残債が2,500万円の家に対して、
A社(奥さん側):2,800万円

B社(旦那さん側):1,980万円

という査定がでてきて、この差額に対しても揉め事が発生しました。

これは、それぞれの意向を忖度した不動産業者が、その意思に沿うようにそれぞれ査定した結果であり、少しでも慰謝料などの費用を抑えたい旦那さんと、少しでも有利になりたい奥さん側のお互いの意志がぶつかり合った結果なのですが・・・。

結果的にあと1社の査定を取って、平均をとることで落ち着きましたが・・・。

このケースでは最終的に、家を売ることになりました。

住宅ローンの残債が多かった為、その分は負債と言う扱いになりましたが、お互いにその家に住むことを嫌ったため、仕方がない結果でした。

離婚に際して揉めない為にしておくべき事

上記のようにそれぞれが、それぞれの査定を提出すれば、多かれ少なかれ似たような結果が生まれます。

そこで、少しでもスムーズに離婚を進めるために、前以て2社以上の不動産査定を行っておけば、ある程度の価値が把握できて、価格に対して備えておくことができるので、離婚を考えだしたときには、家の価値を測っておくことが必要です。

で、実際にお客さんが利用されたのが不動産の一括査定サイトです。

スマイスター

イエウール

どちらも2社以上の複数の不動産会社の査定を、無料で行ってくれます。

また、不動産屋に行かずとも、ネット上でこっそりと、メールのやり取りで完結できるので、離婚の事前準備にはモッテコイです。

不動産業者によって価格にバラツキはありますが、ある程度の目途は立てることが可能です。

文明の力は有効に利用しましょう。

離婚を考えだしたときに、まず最初にしておくべきことは、不動産の価格を含め財産の総額をある程度把握しておくことなのです。

そうすることで、極力スムーズな離婚ができるように準備しておきましょう。

離婚と住宅ローンで考えられる一番最悪なパターン

実際に何度か体験したパターンをご紹介します。

一番最悪で、悲惨なパターンと言えるでしょう。

離婚に際して
  • 住宅ローンは旦那が払う

  • 家には奥さんと子供が住む

  • 住宅ローンは連帯債務
  • という条件で離婚が成立し、離婚後3年ほど経過していました。

    ある日自宅に帰った奥さんの元に、聞いたことがあるのかないのかわからないような、〇〇保証株式会社という会社から、書類が届きました。

    その書類は代位弁済通知で、このまま住宅ローンの支払いが無ければ競売になります・・・という内容のものでした。

    離婚の際の取り決めで、住宅ローンについては旦那が支払っているものだという前提で、普通に当たり前に過ごしていた奥さんには直ぐには事態が呑み込めませんでした。

    要は旦那さんが住宅ローンを支払っていなかった・・・ということなのですが・・・。

    このままでは家は競売になり、連帯債務なので、借金が奥さんにものしかかってきます。

    慌てた奥さんは両親や周辺に相談しましたが、時すでに遅く・・・。結果、家を売却しなければいけなくなりました。

    奥さんが怒り心頭になるのは当然で、奥さんのご両親を含め、旦那さんが責められたのは言うまでもありません。

    しかしながら、現実的にはこのパターンはこうなる可能性が高いのも事実です。

    これは旦那さんの支払いが、自分の生活と2重になり、経済的にしんどくなる為、最も起こりやすい現象なのです。

    離婚の際は、前段の不動産査定で十分価値を理解しておき、仮に相手が支払いが滞ったとしても大丈夫なように、ポジション取りを取っておく必要があると言えます。

    例えば連帯保証人から抜いておくとか、住まずに離婚の際に売却してしまうとか、対処法は事前に存在します。

    仮に住宅ローンの残債よりも価値が高い物であれば、最悪売ってしまえば現金は残るのでなんとかなりますが、逆の場合ですと今回の事例のように最悪な結果が待っています。

    やはり離婚の際には、不動産の価値は知っておく必要があるのです。

    離婚や相続、財産分与などの場合は、無料で、ネットでこっそり完結できる不動産の一括査定を利用しないのは勿体ないの一言です。(逆に言うと、不動産業者は売却が関係ない場合は査定を嫌がるとも言えます^^)

    特に女性の場合は、一人で不動産屋を巡る事って何となく難しい行為に当たると思いますし、こっそり秘密で査定を行えるのは便利ですよね?

    無料のものはどんどん利用しましょう。

    離婚後に住宅ローンの残った家に妻が住むリスク


    各地の離婚DATAと準備

    地域によっても離婚率が高い地域があったりして、周囲に経験者や相談できる相手がいたりいなかったりします。

    それぞれの地域におけるDATAも参考にしてください。

    福岡県の離婚DATAと家の売却
    熊本県の離婚DATAと家の売却
    大分県の離婚DATAと家の売却
    長崎県の離婚DATAと家の売却
    佐賀県の離婚DATAと家の売却
    広島県の離婚DATAと家の売却
    岡山県の離婚DATAと家の売却
    香川県の離婚DATAと家の売却
    愛媛県の離婚DATAと家の売却

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA