不動産の差押情報を入手しよう!

不動産の差押情報を入手できると以下の様なメリットがあります。

  1. 不動産の売却物件を効率的に入手

  2. 不動産を安く購入する(競売になる前に)

  3. 将来的に処分されるだろう不動産の情報を入手しておく

不動産業に関わる人間であれば、そのメリットの大きさはすぐに理解できると思います。

差押の情報は、お宝物件を購入したい一般の方や、投資目的で不動産を購入される方にも有益な情報と言えるでしょう。

競売になっている物件はプロがスルーした物件・・・つまり残りもん・・・

競売になる前に・・・その上流で情報を入手できれば、不動産のビジネス的メリットは大きく、少し頭の回る営業マンであればその情報を上手く活用する事を考えれるはずです。

ここでは、一般の方でも簡単にその差押情報が入手できる方法と、そのメリット及び活用方法について説明したいと思います。

簡単な差押情報の入手するには

まずはこちらをご覧ください。私が知り得る中で一番簡単に、リーズナブルに差押情報を入手できる方法です。


有料ですが、あなたが欲しい地域の不動産の差押情報についても対応してくれます。

1件当たりの情報に掛かる費用が2,000~3,000円なので、差押情報が記載されている全部事項と、その情報を入手する為の手間を考えればリーズナブルな金額です。

利用してみると良いでしょう。

こちらの利用方法は簡単です。

入手したい地域をコメント欄等から伝えれば、対応してくれます。

欲しい情報のみ購入できるので、コスパも優れています。

差押情報の利用方法

差押情報

放置していると競売になる物件

の情報です。

ここではその不動産を売却してもらう事を前提に説明していきますね。


  1. 所有者にコンタクト
  2. 売却の意志確認
  3. 売却開始

まず入手した差押情報を元に、目的に応じて所有者にコンタクトを取ります。

差押されている情況は、本人も十分理解しているはずですので、売却の意志について確認を取ります。

もし投げやりになっている情況であれば、メリットがある事を教え説得するようにします。

※この辺は任意売却関連の記事を参考にして下さい。

超簡単に言うとこれだけです。

ほぼ売却しなければいけない状況にある人に、少しでもメリットがある事を認識してもらえれば、後は基本的に売却の作業を進めるだけです。

差押情報入手のメリット

単純に競売前の物件の情報入手と言えるので、任意売却をするには必要な情報です。

任意売却となる物件の情報入手

これが一番のメリットと言えます。

一般の方や投資家の立場からすると、差し押さえ物件を競売手続きを経ることなく入手できるチャンスなので、お宝物件を入手する為の情報だと言えます。

不動産業者からすると、任意売却物件となる事プラス買い取りのチャンスにもなり得ますので、この情報が要らないという理由が私には理解できません。

差押情報入手のデメリット

唯一デメリットとしては、100%売却する訳では無いという事です。

何らかの事情で差押が解除される事もありますし、本人が投げやりになっていて何もする気がない様な場合もありますので、その様なケースでは売却されないもしくは競売になる形となります。

この部分については、実際にコンタクトを取って見なければわからない部分になるので、デメリットと言えばそうなります。

が、いくつもの情報の中には光っている物も沢山ありますので、トータルではかなりのメリットとなるはずなのです。


とても簡略化して書きましたが、差押情報の入手はしてみると良いですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

宅地建物取引士・行政書士です。 農地の売買、農地転用、任意売却、離婚相談、相続相談をメインに実務を毎日こなしています。 困った時はぜひご相談を!